ニキビとアトピーについて

ニキビ肌とアトピーの共通点

アトピー肌の人はニキビを併発してしまうことが多いです。

その理由は肌のバリア機能と乾燥にあります。

 

元々、ニキビは皮脂が毛穴に詰まり発症します。そのためオイリー肌の人はニキビになりやすく、繰り返してしまうことでニキビ跡が出来てしまいます。

一方で、乾燥することでニキビが発症するのは、肌の水分量が少なくなって皮膚が角化し、ごわごわになった毛穴がアクネ菌の住処になりニキビを発症するという仕組みがあります。

 

 

肌の乾燥は人間が本来持っている潤い機能が年齢とともに低下し、引き起こされます。また、アトピーや皮膚疾患によって肌本来のバリア機能が低下してしまう時にも乾燥は引き起こされてしまうのです。

 

アトピーの方は乾燥した肌が痒くなったりジュクジュクと膿んでしまうことが多く掻きむしってしまうことで余計に皮膚にダメージを与え、乾燥などの肌トラブルを繰り返してしまいます。

そこで毎日のスキンケアで潤いや肌のターンオーバーを促し、肌本来のもつ保湿機能やバリア機能を手助けしてあげることが重要です。

 

 

リプロスキンをはじめとしたニキビやニキビ跡のケア商品は肌に合えばこの手助けに一役買ってくれます。その理由はニキビが出来ている肌もバリア機能が低下し、敏感肌になっているため安心・安全な成分を配合して作られたスキンケア化粧品が多いからです。

リプロスキンはその点でも効果的な化粧品といえますし、成分自体をナノレベルまで小さなサイズにすることで肌に浸透しやすくしているので、肌に合う事さえできれば効果的に使うことが出来ます。

 

また、リプロスキンは肌を柔軟化させる目的でも開発されているのでニキビやアトピー肌にも有効と言えます。

 

ニキビケアと保湿を同時に心がける

 

ニキビとアトピーの共通の問題は乾燥です。

乾燥を防ぎながらニキビやニキビ跡をケアすることでニキビとアトピーを同時にケアし、肌質の改善をすることで肌トラブルを克服できます。

ただ、肌質の改善は長い時間がかかる場合が多いです。リプロスキンのようなスキンケア商品は定期コースやまとめ買いをすることで少しでもコストを抑えながら使用することができるので、長期的な時間とコストを考えながらスキンケアをし、美肌を目指すことが重要です。